Shift + F2 現在選択されているセルにコメントを挿入または編集する

操作 Shift + F2
説明 現在選択されているセルにコメントを挿入または編集する
Excelのバージョン 2013
カテゴリ Excelショートカットキー一覧

ここでの解説は、特に説明がない限り、Excelをインストールし、初期設定のまま使用した場合の動作を基に解説しています。

解説

例えば、セルB2を選択し、Shift + F2を押します。
Excelショートカットキー
セルB2にコメントが挿入され、編集可能な状態になります。
Excelショートカットキー
ここでは、下の図の様なコメントを例として入力しています。
Excelショートカットキー
セルA1を選択すると、セルB2にコメントが入力されていることが確認できます。
Excelショートカットキー
セルB2を選択し、Shift + F2を押します。
Excelショートカットキー
セルB2に挿入されているコメントが編集可能な状態になります。

この解説を見た人が最近見た解説はこちら

Shift + → 「選択範囲を右に拡張する」
Shift + F12 「作業中のファイルを上書き保存する」
Ctrl + Shift + ↑ 「現在のデータ範囲の先頭行のセルまで選択範囲を拡張する」
F6 「ワークシート、作業ウィンドウ、ズームコントロール、リボンにフォーカスを移動する」
Ctrl + Shift + F12 「[印刷]ダイアログボックスを表示する [Backstageビュー]の[印刷]タブを表示する」
F7 「[スペルチェック]ダイアログボックスを表示しスペルチェックを実行する」
F8 「拡張選択モードに切り替えまたは解除する」
F5 「[ジャンプ]ダイアログボックスを表示する」
Ctrl + Shift + Space 「アクティブセル領域を選択する すべてのオブジェクトを選択する」
Shift + ↑ 「選択範囲を上に拡張する」
Ctrl + Z 「最後のコマンドまたは操作を元に戻すか、最後に入力した内容を削除する」
Shift + F10 「選択されたアイテムのショートカットメニューを表示する」
Shift + F11 「新規ワークシートを挿入する」
Shift + ← 「選択範囲を左に拡張する」
Ctrl + Shift + U 「数式バーを折り畳むかまたは展開する」
Shift + ↓ 「選択範囲を下に拡張する」