F4 直前のコマンドまたは操作を繰り返す
絶対参照と相対参照の組み合わせを切り替える

操作 F4
説明 直前のコマンドまたは操作を繰り返す
絶対参照と相対参照の組み合わせを切り替える
Excelのバージョン 2013
カテゴリ Excelショートカットキー一覧

ここでの解説は、特に説明がない限り、Excelをインストールし、初期設定のまま使用した場合の動作を基に解説しています。

解説

例えば、セルA1が図の様な色で塗りつぶされているとします。
Excelショートカットキー
[ホーム]タブ → [フォント]グループからセルA1を緑色で塗りつぶします。
Excelショートカットキー
セルB1をアクティブセルにします。
Excelショートカットキー
F4を押します。
Excelショートカットキー
直前の「セルを緑色で塗りつぶす」という操作が繰り返され、セルB1も緑色に塗りつぶされました。
セルC1をアクティブセルにし、同様にF4を押します。
Excelショートカットキー
再び同じ操作が繰り返され、セルC1も緑色に塗りつぶされました。

この様に、あるセルに設定した書式と同じものを複数のセルに設定したい場合などに、F4を使って、最初の操作を繰り返すと便利です。

その他、F4には、「数式内のセル参照またはセル範囲が選択されている場合、絶対参照と相対参照のすべての異なる組み合わせを順に切り替える」という機能があります。

例えば、セルA1からセルC1に図の様な値が入力されているとします。
Excelショートカットキー
セルC1には、数式「=A1+B1」が入力されています。
F2を押してセルを編集可能な状態にします。
Excelショートカットキー
カーソルを数式「=A1」の位置まで移動させます。
Excelショートカットキー
F4を押します。
Excelショートカットキー
数式が「=$A$1+B1」と絶対参照に切り替わりました。
F4を押します。
Excelショートカットキー
数式が「=A$1+B1」と切り替わりました。
この例の場合では、F4を押すごとに、数式が「=$A$1+B1」→「=A$1+B1」→「=$A1+B1」→「=A1+B1」と順に切り替わります。
カーソルを数式「+B1」の位置に移動させ、同様の操作を行った場合には、数式が「=A1+$B$1」→「=A1+B$1」→「=A1+$B1」→「=A1+B1」と順に切り替わります。


参考学習

F4を使って、[元に戻す]操作を[やり直す]ことができます。
例えば、セルA1が図の様な色で塗りつぶされているとします。
Excelショートカットキー
[ホーム]タブ → [フォント]グループからセルA1を緑色で塗りつぶします。
Excelショートカットキー
[元に戻す]をクリックします。
Excelショートカットキー
Excelショートカットキー
セルの色が元に戻りました。
F4を押します。
Excelショートカットキー
[元に戻す]操作がやり直され、セルの色が再び緑色になりました。
F4を押すたびに、[元に戻す]操作が順にやり直されます。


関連するショートカットキー

Ctrl + Y