F3 [名前の貼り付け]ダイアログボックスを表示する

操作 F3
説明 [名前の貼り付け]ダイアログボックスを表示する
Excelのバージョン 2007
カテゴリ Excelショートカットキー一覧

ここでの解説は、特に説明がない限り、Excelをインストールし、初期設定のまま使用した場合の動作を基に解説しています。

解説

例えば、各セルに図の様な値が入力されているとします。
Excelショートカットキー
セルA2からセルE2を選択します。
Excelショートカットキー
名前ボックスに図の様な値を入力し、Enterを押します。
Excelショートカットキー
これでセル範囲A2:E2に名前が付けられました。

[名前の管理]ダイアログボックスを開いて確認してみましょう。
Ctrl + F3を押します。
Excelショートカットキー
セル範囲A2:E2に、先ほど入力した「果物」という名前が付けられていることが分かります。
「閉じる」をクリックします。

セルF2に、「=sum(」と入力します。
Excelショートカットキー
F3を押します。
Excelショートカットキー
[名前の貼り付け]ダイアログボックスが表示されます。
「果物」を選択し、「OK」をクリックします。
Excelショートカットキー
セルF2に入力していた数式の続きに「果物」が入力されます。
Excelショートカットキー
続けて「)」を入力し、数式「=sum(果物)」を完成させ、Enterを押します。
Excelショートカットキー
セル範囲に付けた名前を、[名前の貼り付け]ダイアログボックスから選択し、数式を完成させ、合計を求めることができました。
「果物」は、セル範囲A2:E2に付けた名前ですので、数式「=sum(果物)」は、数式「=sum(A2:E2)」と同じ結果が得られます。